• 東京都市大学
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 都市大グループ

学科紹介

強度設計システム研究室

今福宗行 教授、秋田貢一 教授、熊谷正芳 准教授

本研究室では航空機・宇宙機・自動車・産業機器などの「機械システム」に用いられる「材料の強さ」に関する研究を行っています。
材料の力学的特性は機械システムを作り運用する上で欠かすことのできない情報であり、本研究室はそれらの基礎研究から応用研究を通して「安全・安心で快適な社会」を実現するための「縁の下の力持ち」として社会に貢献しています。

主な研究テーマ

レーザー照射部直下の微小部残留応力分布をシンクロトロン放射光を用いて非破壊測定した結果です

レーザー照射部直下の
微小部残留応力分布を
シンクロトロン放射光を用いて
非破壊測定した結果です

特徴的な研究としてX線回折を用いた応力評価や材料組織の評価を行っています。通常のラボX線源を用いた実験の他、学外の大型加速器施設でのシンクロトロン放射光(SPring-8)や中性子線(J-PARC)を用いた実験も行っています。
また、他大学や公的研究機関、企業などの共同研究も積極的に行っています。

  • 金属ガラスの残留応力測定・力学的特性評価
  • X線ラインプロファイル解析による微視組織と力学的特性の評価
  • レーザーピーニング/ショットピーニングによる残留応力の導入・緩和メカニズムの検討
  • 鉄系形状記憶合金の組織変化/形状記憶特性/相応力に関する研究
  • 共析鋼(パーライト鋼)の伸線加工による微視組織変化/残留応力/強化機構に関する研究
  • 単結晶のX線残留応力測定
  • X線応力測定法および装置の開発
  • ばね鋼の残留応力測定に関する研究
  • 溶接部のX線残留応力測定
  • 日本刀の残留応力測定

研究室HPへのリンク
研究者紹介 (工学部ウェブサイト)

【応用実験授業資料へのリンク】
機械システム応用実験E

モバイルPC