メニュー 閉じる

2020年度

国際会議発表

Indoor Air 2020

機械専攻 熱流体システム研究室の瓜生智裕君(修士2年)北島芳基君(修士1年)が, オンライン開催された国際学会 Indoor Air 2020で研究成果を発表しました.瓜生君の研究では,空調機の内部に紫外線殺菌灯を設置することで,空気中に漂う飛沫や粒子を殺菌することを想定し,適切な設置位置を決定するための数値シミュレーションを行いました.北島君の研究では,建物スケールにおける室内移動の人流シミュレーションを行い,部屋ごとの換気量や咳飛沫の拡散が感染症の感染リスクに及ぼす影響を検証しました.

the 31st International Symposium on Transport Phenomena (ISTP31)

機械専攻 熱流体システム研究室の修士2年 三笠雅捷君が,オンライン開催された国際学会the 31st International Symposium on Transport Phenomena (ISTP31)で研究成果を発表しました.三笠君の研究では,自動車形状の後部における傾斜角度のわずかな違いが空気抵抗と乱れに及ぼす影響を数値シミュレーションによって検証しました.

学科紹介トップページへ

PAGE TOP